緊急解明。『AGA治療』と『男性ホルモン治療』は両立するか!?

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

読む処方箋!? 知ってアゲル男性力コラム

読む処方箋!? 知ってアゲル男性力コラム

あなたの髪の主治医を見つけてください。ヘアメディカルのサイトはこちらから

『AGA(エージーエー)治療』と『男性ホルモン治療』。2つの治療が「両立」可能かどうか、男性医療を語る上でよく議論されるテーマのひとつです。

現在AGA治療をおこなっている方はもちろん、AGA治療はおこなっていないけどなんとなく気になる方も多いのでは。既に自己流で色々調べた結果、自分なりの解釈をされている方もいるかもしれませんね。そんなメンズヘルス史上、最も悩ましいテーマの真相に、ココでは迫りたいと思います!

◆日本初の頭髪治療専門クリニック:ヘアメディカルのサイトはこちらから
(発毛対策で抜け毛の悩みにさようなら!発毛治療を専門病院でご検討の方に向けた発毛情報サイトです)

まず、2つの治療のおさらいから。

1:知っていそうで知らない『AGA治療』

AGAとは、「Androgenetic Alopecia治療」の略です。日本語では「男性型脱毛症治療」の意味で、数ある脱毛症の中の1つ「男性型脱毛症」の改善を指します。
※誤解されがちですが、男の薄毛=すべてAGAではありません。あくまでAGAとは、ひとつの脱毛症タイプのことなんですよ。

『AGA治療』では専門クリニックの医師によるメンタルケア・生活習慣の指導も行いますが、中心は“飲む育毛剤” 「フィナステリド(プロペシア)」の処方です。このお薬は、男性ホルモン“テストステロン”が悪玉へ変わるのを阻止することで薄毛を予防します。
“テストステロン”が多ければ、変数的に“悪玉ホルモン”発生と薄毛のリスクが高まってしまうのはご承知のとおりです。

そして・・・

2:その名の通り『男性ホルモン治療』

医師による男性ホルモン“テストステロン”の補充と生活改善サポートで、体の外と内から男性の元気を取り戻す治療です。

“テストステロン”の補充
 ↓
“テストステロン”がたくさん
 ↓
“悪玉ホルモン”がたくさん・・・
 ↓
 え?薄毛になっちゃう?

・・・そうです! 『男性ホルモン治療』で“テストステロン”補充を行なって元気は取り戻せるのはイイけど、それが原因で今度は薄毛になっちゃうんじゃない?!という恐怖感がココで生まれてしまいます。

読む処方箋!? 知ってアゲル男性力コラム

げっそり…だけど髪はフサフサ!
ギンギンアグレッシブ!…でも、薄毛。

男性にとって、超究極の選択じゃないですか?

やっぱり「両立」はムリ?…と思ったら!?

実は…!

『AGA治療』と『男性ホルモン治療』は両立できるのです。

カギとなるのが、先にも述べた『AGA治療』で活用中の “世界初の飲む育毛剤”「フィナステリド(プロペシア)」となります。これは、アメリカの製薬会社が開発し、現在約60カ国で承認されており、日本では2005年に販売を認められた比較的新しい医薬品です。

この薬の素晴らしいところは、男性ホルモン“テストステロン”自体に働きかけるのではなく、“テストステロン”を悪玉に変える「酵素」に作用する点。(“テストステロン”そのものは何ら悪くないのであります)だからこそ『男性ホルモン治療』でも“テストステロン”補充と一緒に投与できます。

“テストステロン”値がアップしても「フィナステリド(プロペシア)」の働きで悪玉になるのは阻止されるので、『男性ホルモン治療』が直に薄毛へつながる心配はなくなりました。

まさに悩めるオトコの救世主ですね。
日本では現在販売を許可されている医薬品ですが、きちんと専門医師にアドバイスを受けることが大切です。かならず医師に相談してくださいね。

あなたの髪の主治医を見つけてください。ヘアメディカルのサイトはこちらから

ページトップへ

読む処方箋!? 知ってアゲル男性力コラム

ページトップへ