男性ホルモン低下と男性更年期障害:EDや性欲低下などの性の症状

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

男性ホルモン低下と性の症状

  • 男性ホルモン低下と男性更年期障害
  • 男性ホルモン低下と体の症状
  • 男性ホルモン低下と心の症状
  • 男性ホルモン低下と性の症状
  • ホルモン補充療法

EDや性欲減退、「性」に関する更年期の症状

日本では現在1130万人が満足できる勃起ができていないといわれます。具体的には40歳代の2割、50歳代の4割、60歳代の8割がEDであると推測されているのです。男性ホルモンには神経や血管に作用し、一酸化窒素(NO)やその標的であるサイクリックGMPという分子を産生し勃起を促すという大切な働きがあります。また異性を惹きつけるフェロモンを発生させる働きもあり、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やす効果もあります。ですから男性ホルモンが減少すると、性欲が減少し、またEDにもなってしまうのです。
さらに注目すべきは動脈硬化の影響は、まず陰茎動脈から起こるということです。ED症状をほうっておくと、将来心筋梗塞や脳梗塞などの発症の危険性が高まる恐れがあります。

▶我慢強い男性ほど要注意!「夜中に目が覚める」「眠れない」
は、男性更年期障害のサイン。専門外来で一度チェックしませんか?

■テストステロンの値は病院で測ることが可能です

男性ホルモンの代表格=テストステロンは、身体の中で生み出され、年齡やその他の要因によって値が変化します。

◎いまの数値は? ◎平均値との比較 ◎足りないとどうなる?

気になる方は男性更年期専門外来にご相談ください。

  • 男性更年期障害についてメール相談をする
  • 男性ホルモン測定 男性力ドックの初診来院予約

具体的な性の症状について

  • ED

    ・勃起をしている時間が短い

    ・性交中、最後まで勃起を維持できにくい

  • 性欲の減退

    ・性欲や性的衝動が減少した

    ・セックスの喜びの低下

  • 朝立ち

    ・朝立ちの回数が減った

  • 頻尿

    ・夜中に何度も尿意で目が覚める

    ・長時間の移動時はトイレが気になる

その他の男性更年期障害の症状

  • 体の症状

    テストステロン(男性ホルモン)は筋肉や骨を大きくし“男らしさ”を形成するために必要な物質。それが減少することにより、筋力の低下やそれに伴う筋肉痛、疲労感があらわれます。さらに、ほてり(ホットフラッシュ)、発汗、頭痛、めまい、などもその症状のひとつです。

  • 心の症状

    テストステロン(男性ホルモン)にはネガティブな感情が湧くのを抑える働きがあります。ですが、これが減少することにより、健康感の減少や不安を感じたり、ささいなことでいらいらしたりすることが多くなります。また抑うつや不眠、それに伴う集中力の低下や記憶力の低下なども引き起こされます。

EDに隠れた恐い病気とは

勃起能力が正常な人は、総じて細胞や血管の内側がきれいで、血液もスムーズに流れていることが分かっています。血管の内側をきれいに保つには血管壁から出た一酸化窒素(NO)が必要なのですが、テストステロンが低下すると、一酸化窒素(NO)が生産されにくくなり、血流も悪くなります。

実は、EDの人には血管の内側の老化が進んでいる傾向がみられます。男性ホルモンが低下していることで十分な一酸化窒素(NO)が生産されず、血流が悪い状態になっているとも考えられます。陰茎の血管の老化が進んでいるということは、全身の血管が正常ではない可能性があるということです。

陰茎の動脈の直径は1〜2ミリ、心臓付近の動脈では3〜4ミリ、脳の動脈では5〜7ミリです。全身の血管の劣化が進んだ場合、最も直径の短い箇所から異常が発生する可能性が高い…とすると、まず影響が出るのは陰茎だと考えるのが自然です。こう考えると、EDは脳梗塞や狭心症の前兆といっても過言ではないのです。

「ED1000」なら、“根本的な”ED最新治療が可能です!

メディアでも画期的な新しいED治療として紹介され、注目が集まっている「ED1000」は、低出力の衝撃波を利用した痛みのない勃起不全の治療機器です。日本には現在のところ25台しかない最新のED治療機器です。メンズヘルスクリニック東京で治療が可能で、入院なども行う必要がないのがメリット!「根本的な治療がしたい!」「ED薬を服用しているけど、なかなか効果が感じられない」「他の病気があるから、ED薬が飲めない・・」など、悩んでいる方にお勧めしたい最新の治療法です。

なんだか最近疲れやすい。眠れない。やる気が出ない…
男性の更年期障害は、東京都内の専門クリニックで
治療が可能です。身体と向き合いましょう!

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

ページトップへ

男性ホルモン低下と性の症状

ページトップへ