うつ病について(患者数、原因、症状など)

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

日本人の「約15人に1人」がかかるといわれる病気です。

うつ病」は“心の風邪”。

日常生活を送っていると、誰でも憂うつな気分になることがあります。何か大きなストレスを感じること、季節や悪天候といったささいなことによっても、気分が落ち込んだり集中力が低下したりすることはあるでしょう。

それが一時的な気分なのか、それとも「うつ病」なのか、自分で判断するのは難しいものです。

うつ病の患者数は年々増加…。この10年ほどは急増しています。

うつ病の患者数は年々増加…。この10年ほどは急増しています。

日本において、うつ病の患者数は年々増加しており、特にこの10年ほどは急増傾向に。日本人のおよそ15人に1人はかかるといわれ、幅広い年代の方がうつ病になっています。

ご自身はもちろん、家族や友人、同僚など、身近な人が発症してしまう可能性もあるのです。うつ病は、早めに適切に対処することが大切なポイント。症状が出たときのために、正しい知識を身に付けておきましょう。

うつ病の患者が抱える主な症状

  • イライラ
  • 食欲がなくなった
  • 憂鬱な気分が続く
  • 不眠に悩まされている
  • 常に不安感がある
  • 集中力がない  など
うつ病の患者が抱える主な症状

うつ症状が重症化した時「うつ病」と呼ばれます。

うつ症状が重症化した時「うつ病」と呼ばれます。

私たちは、普段の暮らしの中で「憂うつだな」「気分が落ち込んでいる」と感じることがあるでしょう。そこには思い当たる原因があっても、もしくは自分では特に原因がわからなくても、気が滅入ってしまうことは誰にでもあります。

しかし、健康な状態であれば、数日間かけて身体や心のバランスをとっていくことで憂うつな気分から抜け出し、前向きに頑張ろうと思えるようになるものです。

ところが、憂うつになっている原因を解消したり、気分転換を図ったり、ある程度の日にちが過ぎたりしたにもかかわらず、強い憂うつ感が長く続き、普通に生活することさえ難しくなることがあります。そのような状態になると「うつ病」と診断される場合があります。

うつ病になると、「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった「抑うつ気分」と呼ばれる症状とともに、心や身体にもさまざまな症状があらわれてきます。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専門のクリニックなら気兼ねなく
話せます。軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

日本では年々患者数が増加。

現状では111万人を突破しています。

うつ病と診断された方は日本にどのくらいいるのでしょうか。

【うつ病・躁うつ病患者数】

参考:厚生労働省「患者調査」2015年12月発表分

うつ病と診断された方は日本にどのくらいいるのでしょうか。

厚生労働省の調査によると、日本におけるうつ病など気分障害の患者数は1996年の時点で43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいでした。しかし、2002年に71.1万人、2005年に92.4万人、2008 年には104.1万人、2014年になると111.6万人というように、2000年代に入って著しく増えています。さらに、うつ病になっても病院を受診していない患者はかなり多いと考えられており、ある疫学調査によると300万人以上のうつ病患者がいると推定されています。

【男女年齢別総患者数】

参考:厚生労働省「患者調査」2014年10月データ

男女年齢別総患者数

患者数を男女年齢別に見てみると、全ての年代を通して、男性より女性のほうが多い傾向があります。また、男女共に20歳代から患者数が増えていますが、女性は30歳代から70歳代まで10万人を超えて推移しているのに対して、男性は働き盛りの40歳代をピークとして、その後はだんだんと減っていることがわかります。

うつ病を発症しやすい性別と年代をざっと頭に入れておくと、自分やまわりの人が心身の不調に陥ったとき、「もしかしてうつ病かも」と考えることができ、早めの発見や治療につながります。

■更年期障害の症状こんな症状、ありませんか?

  • 身体的な症状 多汗 ほてり 眠れない めまい ひげが伸びない 吐き気 だるさ 疲労感など
  • 精神的な症状 不安 イライラする 不眠 集中力の低下 記憶力の低下 性欲の減少

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専門のクリニックなら気兼ねなく
話せます。軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

うつ病の大きな原因は「ストレス」ですが、

うつ病の原因がわからないケースもあります。

日本では年々増加の傾向をたどっているうつ病の患者数。その原因は何なのでしょうか。うつ病が起きる仕組みや原因については、さまざまな研究が行われていますが、実はまだはっきりと解明されていません。
ただし、原因はひとつではなく、いくつかの要因が重なって発症してしまうと考えられています。

環境要因 性格 遺伝子的要因 慢性的な身体疾患

■ 環境要因の場合…

■ 環境要因の場合…

まず、最も大きな原因となるのは「環境要因」です。何らかの強いストレスがうつ病の引き金になるといわれています。
例えば、大切な人との別れ、職場や家庭内での問題、人間関係のトラブルなどがストレスを引き起こします。仕事を持つ人にとっては異動や望まない業務、女性には出産や子育て、更年期障害などもストレスとなりがちです。

また、ストレスは悪い変化だけでなく、昇進や子どもの結婚というように、良い変化のときにも感じるものです。

男性の場合は、働き盛りの30歳代から50歳代のうつ病が深刻で、家族や周囲の人に相談できず、ひとりで悩んでいるケースが多いといわれています。それがエスカレートし、自殺につながっているという辛い現実があるようです。

■ 性格の場合…

その人がもともと持っている「性格」も、うつ病を発症する要因のひとつです。次のような性格や考え方を持つ方は、うまくいかない状況になると、うつ病を発症する可能性が高くなる傾向があると言われています。

【うつ病になりやすい性格】 常にまじめである 責任感が強い 仕事に熱心 完璧主義、手を抜かない

そのほか、「遺伝的要因」や「慢性的な身体疾患」も、うつ病の要因とされています。うつ病は、これらの要因が複雑に結びついて発症するものと考えられています。

最近の研究によれば、うつ病を発症すると、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の動きが悪くなっているケースがあるということがわかっています。
今後ますます医学的な解明が進められていくでしょう。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専門のクリニックなら気兼ねなく
話せます。軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

うつ症になると心や身体に症状があらわれます。

うつ病になると、憂うつな気分になるだけでなく、身体の調子も悪くなりがちです。一般的に心身にどのような症状が出てくるのか、それぞれ見ていきましょう。

心の症状

  • 悲しく憂うつな気分が1日中続く
  • これまで好きだったことに興味がわかない、何をしても楽しくない
  • 疲れやすく、何もやる気が起こらない
  • イライラする、怒りっぽくなる
  • 集中力がなくなる、物事を決められない
  • 自分には価値がない、消えたいと思う

※このような症状が2週間以上続き回復しない場合、うつ病になっている可能性があります。

身体の症状

  • 食欲がない
  • 眠れない、寝つきが悪い
  • 朝起きられない、寝すぎてしまう
  • 頭痛が続く
  • めまいがする
  • 肩こりがひどい
  • 吐き気がする

うつ病の症状は、朝が最も悪く、昼から夕方にかけて回復してくることがよくあります。朝はなかなか起きることができずに仕事や学校を休んだものの、午後からは調子が良くなってくると、まわりの人からサボっていると思われるかもしれません。
しかし、それこそうつ病の特徴なのです。少しでも思い当たることがあれば、早めに病院に相談してみることをおすすめします。

ただし、うつ症状だと思い込んで長い間悩んでいたら、実は男性の更年期障害だったというケースもあります。
うつ病と決めつけず、更年期障害なども考慮して、多角的にクリニックを受診してみることも大切です。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専門のクリニックなら気兼ねなく
話せます。軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

医師と相談して、適切な治療を受けましょう。

うつ症の治療には大きくわけて3つの方法があります。

治療には、「休養」「薬物療法」「精神療法」という大きな3つの柱があります。いずれの場合も、医師としっかり相談したうえで治療を進めましょう。早めに治療を始めれば、回復も早くなります。「おかしいな」と思ったら無理をせずに、病院や専門クリニックを受診してください。

休養・環境調整での治療法

休養・環境調整での治療法

治療の第一歩は、十分に休養を取り、心と身体を休ませることです。とにかくゆっくり休みましょう。

また、ストレスの原因がわかっているなら、ストレスを減らすために環境を調整することが効果的です。

例えば、職場にストレスがある場合、仕事を完全に休むという方法から、勤務時間を減らしたり配置替えを願い出るなど、周囲と相談してできるだけストレスの緩和に努めましょう。
うつ病になる方は、真面目で責任感が強いタイプの人が多いようです。そのため、自分が休んだり環境を変えたいというと、他人に迷惑をかけてしまうのではないかと考え、ためらってしまうかもしれません。しかし、焦らずに休んだり状況を変えたりすることが、回復への近道なのです。まずは病気を治すことを第一に考えて、休養を心がけましょう。

薬物での治療法

薬物での治療法

症状を改善し、再発を防ぐための方法として、治療薬を使う薬物治療があります。現在、日本で使われている主なうつ病の治療薬は「抗うつ薬」です。即効性はなく、効果が現れるまでにある程度の時間がかかります。

ほかに、症状に応じて、不安を静めて精神を安定させる「抗不安薬」、心身を落ち着かせて眠れるようにサポートする「睡眠導入剤」を処方されることもあります。

精神療法での治療法

精神療法での治療法

精神療法とは、うつ病患者の心理面にアプローチする治療法です。まず薬物療法によって症状を落ち着かせたうえで、症状に応じて精神療法を行うのが一般的です。

患者が自分のことを見つめ直し、うつ病の再発を防ぐことを目的としています。

主な精神療法としては、自分の行動や思考のパターンを理解して、うつ病にならないように自分をコントロールできるようにする「認知行動療法」、うつ病の要因となった対人関係の問題を解消するスキルを学ぶ「対人関係療法」などがあります。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専門のクリニックなら気兼ねなく
話せます。軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

■テストステロンの値は病院で測ることが可能です

男性ホルモンの代表格=テストステロンは、身体の中で生み出され、年齡やその他の要因によって値が変化します。

◎いまの数値は? ◎平均値との比較 ◎足りないとどうなる?

気になる方は男性更年期専門外来にご相談ください。

  • 男性更年期障害についてメール相談をする
  • 男性ホルモン測定 男性力ドックの初診来院予約

なんだか最近疲れやすい。眠れない。やる気が出ない…
男性の更年期障害は、専門クリニックで
治療が可能です。身体と向き合いましょう!

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

メンズヘルスクリニック東京 アクセス

JR東京駅からのアクセス

1. JR東京駅の「八重洲南口」改札を出て、そのまま直進し外へ出てください。

2. 外へ出ましたら右へ曲がり、左手に高速バス乗り場を見ながら、外堀通りを直進してください。

3. 右手にクリニックの入った「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」が見えます。

正面入り口から向かって一番左手の1階~15階に停まるエレベーターのみが、当院のある10階に停まりますので、エレベーターをお確かめの上、ご来院ください。

Kさんのテストステロン値が3カ月で回復!

「テストステロン値が上がると仕事のパフォーマンスも上がるらしいよ」そんな同僚のふとした言葉を聞いて、男性専用のクリニックに足を運んだ40代・中間管理職のKさん。いつもの健康診断では「特に問題ありません」と言われていたのに、実はKさんの「男性ホルモン値」は40代にして”70代並み”の低さだった!?
この衝撃の事実を克復すべく、Kさんはホルモン補充療法を行うことに!そして数カ月後、男らしさや勝負心、体力などを司る「テストステロン値」は大幅アップ!部署の売上目標まで見事、達成しています。

男性更年期障害の症状は、うつの症状と同じような症状があり密接に関係しています。大別すると体の症状、心の症状、性の症状があり、テストステロン値の低下が原因で体に様々な異状を来たす、LOH症候群と言う治療が可能な障害です。ここでは、このような男性更年期障害(LOH症候群)の症状について説明しています。

ページトップへ

日本における「うつ病」の現状について(患者数、原因、症状など)

ページトップへ