最近朝立ちの回数が減少していますが、EDなのでしょうか?:メンズヘルスメディカル

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

メンズヘルスQ&A男性更年期について

  • 男性更年期についてよくある質問
最近朝立ちの回数が減少していますが、EDなのでしょうか?

朝立ちは、身体的な症状はもちろん、睡眠の質にも深くかかわってきますので、「朝立ちが減少した=EDである」と断定はできませんが、その可能性はあります。
一度「男性力ドッグ」を受けてみてはいかがでしょうか?

朝立ちは男性に特有の生理現象であるばかりでなく、健康の度合いを測るいわばバロメーターの役割もあります。
就寝中から起床時まで、睡眠全体を通して勃起現象がまったくない場合は、EDの可能性が高いかと思います。

「男性力ドッグ」は、身体的・精神的・性的側面から男性力を数値化し、トータルに男性の健康を診ることができる検査を行います。
朝立ち有無のように外観から分るもの以外の症状も見つかるかもしれません。

その身体の不調はテストステロン低下による男性更年期かもしれません

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

男性更年期についてよくある質問

[男性更年期について]

[気になる自覚症状]

[治療について]

[ご家族の方へ]

[男性更年期と他の病気との関連について]

関連記事

メンズヘルスメディカル最新情報

最新情報一覧はこちら

ページトップへ

最近朝立ちの回数が減少していますが、EDなのでしょうか?

ページトップへ