…:メンズヘルスメディカル

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

メンズヘルスQ&A男性更年期について

  • 男性更年期についてよくある質問
どんな人が「ホルモン補充療法」を受けたらいいのでしょうか?

テストステロン(TS)の分泌は、生活習慣で変わりやすく、特に睡眠の果たす役割は大きいので、寝不足が続くとたちまちテストステロン濃度は低下します。
テストステロン濃度は夕方低くなり、睡眠中に分泌量が増えて朝を迎えます。そのため眠りが浅かったり、睡眠時間が短かったりすると、テストステロンの分泌は減ってしまうのです。
運動と食事も重要ですよ。筋トレや有酸素運動にはテストステロンを増やす作用があります。また、食事も亜鉛を多く含むカキやカルニチンを含む羊肉、チョコレートのカカオポリフェノールなども、テストステロンを増やすための材料となります。

テストステロンの減少が一時的なものなら、生活習慣を見直すだけで改善されます。しかし更年期にさしかかっていたり、生活習慣を見直してもなかなかLOH症候群が改善されてない場合は、塗り薬や注射でホルモン補充を受けることを検討しましょう!

その身体の不調はテストステロン低下による男性更年期かもしれません

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

男性更年期についてよくある質問

[男性更年期について]

[気になる自覚症状]

[治療について]

[ご家族の方へ]

[男性更年期と他の病気との関連について]

関連記事

メンズヘルスメディカル最新情報

最新情報一覧はこちら

ページトップへ

Q&A|どんな人が「ホルモン補充療法」を受けたらいいのでしょうか?

ページトップへ