疲労感におそわれ、翌朝まで疲れが残ることも。男性の更年期障害との関係は?

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

メンズヘルスQ&A男性更年期について

  • 男性更年期についてよくある質問
夕方になると疲労感におそわれ、翌朝まで疲れが残ることも…。これは男性の更年期障害と関係がありますか?

疲労を感じやすくなった、なかなか疲れがとれないといった症状は、歳のせいだろうと軽く考えてしまいがちです。しかし、「疲労」は男性更年期によくある症状のひとつで、更年期障害の可能性があります。

更年期障害でテストステロン(=男性ホルモン)の分泌量が減ると筋肉量が低下して、スタミナやエネルギーを維持できなくなり、疲労を感じやすくなります。「すこし休めば大丈夫」と我慢したり無理を重ねていくと、そのまま回復しないで、むしろ悪化していく場合もあります。別の病気になる危険もありますので、軽く考えずに自身の症状と向き合いましょう。早めに医師に相談してみることが大切です。

その身体の不調はテストステロン低下による男性更年期かもしれません

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

男性更年期についてよくある質問

[男性更年期について]

[気になる自覚症状]

[治療について]

[ご家族の方へ]

[男性更年期と他の病気との関連について]

関連記事

メンズヘルスメディカル最新情報

最新情報一覧はこちら

ページトップへ

夕方になると疲労感におそわれ翌朝まで疲れが残る…これは男性の更年期障害?

ページトップへ