うつ病と思ったら男性更年期の可能性もありますか?

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

メンズヘルスQ&A男性更年期について

  • 男性更年期についてよくある質問
うつ病と思ったら男性更年期の可能性も探ってみたほうがいいと家族が言っています。そういうケースはありますか?

ご家族の方は、きっとあなたのことをとても心配して、いろいろお調べになったのでしょう。ありがたいことですね。確かに、うつ病と男性更年期の症状は重なる部分が非常に多く、密接に関係しています。

というのも、テストステロン値が低いとうつ病になりやすく、中高年のうつ病の患者さんはテストステロンの値が低いことが多いという事実が、データにより判明しているのです。しかし、うつ病の患者さんのテストステロンが不足していても、精神科に通っているだけでは検査する機会が少なく、自分では気が付いていないことが多いようです。テストステロンを補充することで、長年悩んでいたうつ症状が改善するケースがあります。

ご家族がおっしゃるように、うつ病かなと思ったら、男性更年期を専門とする病院を受診して、ぜひテストステロンの数値を調べてみてください。別の角度から症状と向き合ってみることで、解決の糸口が見つかるかもしれません。

その身体の不調はテストステロン低下による男性更年期かもしれません

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

男性更年期についてよくある質問

[男性更年期について]

[気になる自覚症状]

[治療について]

[ご家族の方へ]

[男性更年期と他の病気との関連について]

メンズヘルスメディカル最新情報

最新情報一覧はこちら

ページトップへ

うつ病と男性更年期の関係性について教えてください。

ページトップへ