メンズヘルスクリニック東京 男性更年期治療専門外来のご紹介

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

日本で屈指のメンズヘルス専門の医師がいる男性更年期外来が発信!

「なんとなくイライラする…」「なぜか疲れやすい」は
身体が示している”男性更年期”のサイン!?

男性の更年期障害は、男性の専門外来で治療しましょう。

男性の更年期障害はまだ広くあまり知られていないため、症状に苦しんでいても周りの人からは「さぼっている」「やる気がない」と誤解されてしまいがちです。「歳のせいだろう…」と、放置するのはとても危険!どんどん深刻化してしまい、他の病気を引き起こす危険もあります。

まだまだ認知度の低い「男性の更年期障害」。
“気になる症状がある”方は、今すぐ専門の医師にご相談ください。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

男性更年期とは、どんな症状?

なんだか最近疲れやすい。イライラしたり、やる気が出ない…。その身体の不調は、男性の更年期障害かもしれません。

意外に自分では気がつきにくい男性の更年期障害。気になるその 症状 とは…?

集中力の低下 無気力 不眠 不安感 性力低下 頭のもやもや 頭が重い イライラ 発汗 勃起障害 ※参考:「男の更年期」日東書院

男性更年期は、60歳前後の男性だけでなく
20代や30代の若い世代の男性、そして
働きざかりの40代・50代にも症状がみられます。

”歳のせいだろう”と思っていた方が大半。
女性と違ってきっかけも掴みにくいのですね。
だからこそ早めの発見が鍵になります。

代表的なお悩み…こんな症状が思い当たる方は男性更年期かも?
  • 仕事中に
    集中力が続かない
  • 不安感にかられる
    事が多い
  • 朝立ちの
    回数が減った
  • 不眠がずっと
    続いている
  • 理由なく
    イライラしている
  • 性に無関心に
    なっている
こんな方が男性更年期外来に訪れています!
  • なぜか1日中無気力で、妻や家族が困っていた
  • だんだん精力がなくなった。自分で原因を知っておきたい
  • なんとなく調子は悪いけど、病気というほどではない
  • 男性の更年期に当てはまるのかチェックしておきたい
  • 疲れやすいのは、歳のせいだろうと思っていた
  • 最近、朝すっきり目覚められないし、疲れやすい
男性専用のクリニックに行こうと思ったきっかけは?
  • 男性目線
    率直にいろいろ
    相談したいと思ったから
  • 一般的な病院で
    多くの人と
    顔を合わせたく
    ない
  • 男性の更年期について
    専門の医師
    詳しく聞きたい
  • 治療だけでなく、
    予防や生活改善
    について
    聞きたかった

※参考:書籍「男の更年期 お医者さんに行く前に読む本」柏瀬宏隆/岩本晃明、日東書院(2006年11月)

来院頻度はどれくらい?

Q. 治療が始まるとクリニックに通う頻度はどれくらいですか?

A. 通院は月に1回程度になります。

テストステロンの処方は、専門の医師の適切な判断のもとに行います。治療初期のころは数週間~月に1回のご来院となります。長く治療されている方、処方内容によっては2~3ヶ月に1回のご来院となる方もいらっしゃいますのでご安心ください。また、男性ホルモンの補充に関しては注射以外にも、クリームやゲルの処方も行っています。

Q. 市街から離れたところに住んでいますが、通っている方はいますか?

A. もちろんです。JR東京駅から徒歩3分、JR大阪駅徒歩5分の好立地です。

クリニックは、JR東京駅から徒歩3分、JR大阪駅徒歩5分というアクセスの便利なところに位置しています。治療はすべて予約制ですので、待ち時間などの無駄な時間が発生しません。遠方の方、忙しいビジネスマンの方など、多くの方が来院しています。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専用のクリニックなら気兼ねなく話せます。
軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約
いま日本では、男性の6人に1人が、隠れ男性更年期と言われています。

いま日本では、40歳から90歳以上までの日本の男性人口は3,400万人とされ、そのうち男性更年期(=LOH症候群)の潜在患者は、なんと600万人であるという推測データがあります。これは、中高年の6人に1人の割合で隠れ更年期障害、という計算になります。その数は増え続けているのが現状です。男性更年期は決して特殊な病気ではありません!

データ1 中高年男性の6人に1人が隠れ男性更年期
データ2 日本全体で600万人が男性更年期予備軍
※データ参考:NHK クローズアップ現代
がんや認知症も!? コワ〜い“男の更年期障害”

6人に1人が隠れ男性更年期。
とても身近な数ですね。どなたも可能性があります
しかも日本では男性の更年期障害人口が年々増加
その数は600万人といわれています。

早めに専門医師のいるクリニックで検査を!

歳のせいだろう”はとても危険。
気がつかないうちに、男性更年期が深刻化する可能性が高いのです。

“更年期障害”といえば、女性特有のものと思っている方が多いかと思いますが、更年期障害は女性だけのものではありません!
男性の場合は、女性の”閉経”にあたるような身体的変化がないため、症状があっても”たぶん歳のせいだろう”、“最近忙しかったから、休めば大丈夫だろう”、と我慢してしまう方が少なくありません。特に男性は、身体のサインを見逃しがちです。

辛抱してしまいがちな男性の更年期障害

そのまま放置していると症状が広がります。

不眠(睡眠障害) うつ、倦怠感 他の病気の原因 ED、精力の低下 メタボリックシンドローム

参照元:「ヤル気が出る!最強の男性医療」堀江重郎、文藝春秋(2013年6月)

最初はちょっとしたことでも、どんどん症状が
エスカレートしてしまう
ことがあります。
更年期障害が原因で鬱な状態になっていても気がつかず、
ずっと別の治療をしていたというケースも非常に多いんですよ。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専用のクリニックなら気兼ねなく話せます。
軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

メンズヘルスクリニック東京・脇坂クリニック大阪では、医学的な知識と実績のある男性の医師が一人ひとりの症状と向き合い、ベストな解決へ導きます。クリニックは男性が気兼ねなく足を運べるよう配慮された環境。どんな悩みでも相談できるよう、実績のある男性医師が担当します。

男性の専門医師安心感のある治療生活習慣改善アドバイス
男性更年期外来 ドクター
辻村 晃(つじむら あきら)メンズヘルスクリニック東京 男性更年期外来 担当医

略歴
兵庫医科大学卒業
独立行政法人国立病院機構大阪医療センター泌尿器科医師
大阪大学医学部泌尿器科学 助手
米国ニューヨーク大学細胞生物学臨床研究員
大阪大学医学部泌尿器科学講師
大阪大学医学部泌尿器科学准教授
順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科教授

“年のせい”は危険。治療をするなら専門クリニックにご相談を!

男性更年期は、テストステロンの低下によって引き起こされます。
男性の医師のいる専門のクリニックで根本解決を目指しましょう。

男性ホルモンの代表格であるテストステロンの値は、10代後半から20代にかけて分泌量がピークをむかえ、中高年になってくると徐々に減少していきます。テストステロンは、骨や筋肉の強度を維持したり、血液を作る働きをしたりなど、男性の日々の生活においてとても重要な働きをしており、身体を作るだけでなく社会的理性や認知機能など、脳の働きまで任されているのが特徴です。
このテストステロンの低下によって引き起こされるのが、男性の更年期障害です。


※データ参考:日本泌尿器学会誌
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

幅広い年代の男性が通う専門クリニック。
清潔感と安心感に配慮した男性専門のクリニックで、
根本解決へ導く多角的な診療を行っています。

大丈夫だろうと我慢していたら他の病気を引き起こすほど
重症化していた…そんなケースが年々増えています。
辻村 晃(つじむら あきら)
メンズヘルスクリニック東京 男性更年期外来 担当医

男性の更年期障害は、長期的な疲れや眠気、集中力の低下だけでなく、メタボや睡眠障害、性機能障害さらには鬱や心筋梗塞などの重い病気を引き起こすリスクにもなっていることが研究によって解明されています。

女性とは異なり、加齢とともに徐々に男性ホルモンが減少していくため、本人も周囲も気がつきにくいケースが多いようです。しかし、男性ホルモンの低下はメタボや心筋梗塞を引き起こすとも考えられていて、軽視することは大変危険です。早期発見ができれば、身体や治療費の負担を減らすことにも繋がりますよ。

「疲れがとれにくい」「ちょっとしたことでイライラしてしまう」など、まだ深刻な状態でなくても、“自分の定期点検”と思ってぜひ一度「男性力ドック」を受けられてみてはいかがでしょう。男性力ドックは一般的な健康診断では行われない検査項目が多く含まれており、それを読み取ることによって総合的な治療が可能になります。

男性ホルモン(テストステロン)が低下する原因はさまざまにあり、我流の改善では根本解決できません。自分に合った治療法やアドバイスを受けて実際に病気と向き合うことで、本当の意味の”元気”が取り戻せるのです。

男性更年期専門外来があるメンズヘルスクリニック東京・脇坂クリニック大阪では、身体面とメンタル面の両面から総合的な治療を提供。男性更年期障害(LOH症候群)をはじめとした様々な症状を改善し、男性力を高める治療を行なっています。

◎お支払いはご来院・通院時の治療毎となります。ローン契約等はございません。
◎カードでのお支払いは1回払いとさせていただいております。

ご利用いただけるクレジットカード

※治療は厚生労働省による保険適用外の、自由診療(全額自己負担)となります。 初回の男性力ドックは30,000円(税込32,400円)で、
その後の治療費は診察と医薬品処方で10,000円〜を目安にお考えください(患者さまの症状によって処方される薬剤が異なる場合があるため)。

一般的な病院では相談しにくいことでも、男性専用のクリニックなら気兼ねなく話せます。
軽い症状から深刻な悩みまで、改善へと導きます。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

なんだか最近疲れやすい。イライラしたり、やる気が出ない…。
その身体の不調は、テストステロン低下による
男性更年期かもしれません。

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、
男性専門の医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

まだまだ認知度の低い「男性の更年期障害」。
“気になる症状がある”方は、今すぐ専門の医師にご相談ください。

  • セルフチェック(無料)
  • 初診来院予約

「なんとなく調子が悪い」「イライラしたり、疲れやすい」
いつのまにか表れた男性更年期の症状を、病院できちんと治しませんか?
男性更年期は、原因がさまざまにあり、一人ひとり症状が違います。
専門の医師が診察することで、その人に合った治療法を見つけることができます。

男性が更年期障害に苦しんでいても、周りの人からは「さぼっている」「やる気がない」と見られ、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。ここでは、そのような男性更年期の治療を行う「男性更年期専門外来」についてご紹介します。

ページトップへ

男性更年期 専門外来での治療について

ページトップへ