…:メンズヘルスメディカル

  • 医療機関の紹介
  • 初診来院予約

メンズヘルスQ&A男性更年期について

  • 男性更年期についてよくある質問
特に老化という訳でもない年齢の旦那が「趣味も億劫…」と言います。更年期でしょうか?
男性ホルモン(テストステロン)の低下による典型的な現象に、「何をするのも億劫になってくる」というものがあります。それまで好きだったことや趣味に関しても「面倒」という意識が先に働いて腰が重くなってくる。人から誘われればそれなりに楽しめるのに、自分からやろうという意欲が沸かない。この点では「半ば強引に連れ出される趣味」の方がいいのかもしれません。釣りやランニングのように「自分から動き出さなければならない趣味」は、あっさり手を離れていってしまいます。

男性は30代前後からテストステロンの量が緩やかに減少していきますので、だれでも男性更年期になる可能性があります。ストレスの多い現代社会では30代後半から男性更年期になるケースが増えていますし、ここ数年は若年化している傾向にあります。男性ホルモンの数値は見た目では分かりません。専門のクリニックできちんと検査を受けることが解決の近道です。

その身体の不調はテストステロン低下による男性更年期かもしれません

テストステロン(男性ホルモン)の働きに着目した、医療機関があります。

以前に比べて疲れやすくなった、眠れない、集中力が続かない、倦怠感が続く…。
その原因は、単純な加齢によるものだけではなく、テストステロン(男性ホルモン)の低下による更年期障害かもしれません。
まずはご自身のテストステロンの値を測定し、本来の健康な身体を取り戻しましょう。

男性力ドック(テストステロン測定と診察・治療の流れ)

  • メール相談をする

  • 男性ホルモン値は、メンズヘルスクリニック東京で測定できます

    初診来院予約

男性更年期についてよくある質問

[男性更年期について]

[気になる自覚症状]

[治療について]

[ご家族の方へ]

[男性更年期と他の病気との関連について]

メンズヘルスメディカル最新情報

最新情報一覧はこちら

ページトップへ

Q&A|旦那が、趣味も億劫と言います。更年期ですか?

ページトップへ